シモツケヌリトラノオ(下野塗虎の尾)

⇒自然観察会 2012年08月25日 23:19

110206ヌリトラノオ@エコカフェ(高山不動尊).JPGシダ植物とは維管束植物であって非種子植物、つまり胞子によって増殖する植物のことです。側系統群としてシダ植物門とヒカゲノカズラなどのヒカゲノカズラ植物門に分ける場合があります。ここでは関八州見晴台に登った時に山中で見つけたシモツケヌリトラノオを紹介します。ヌリトラノオは渓流沿いの湿った場所に多いので、乾燥した場所でしたので変種のシモツケヌリトラノオとしました。[2011年2月6日撮影:萩の平茶屋付近@山崎]

シモツケヌリトラノオ(下野塗虎の尾、学名:Asplenium normale D.Don var. boreale (Ohwi ex Kurata) Nakaike)はチャセンシダ科チャセンシダ属の常緑性シダ植物。ヌリトラノオの変種。分布は本州関東地方北部以西、四国、九州、中国南西部、ヒマラヤなどに及び暖地の山地のやや乾いた岩上や地上に自生。九州を中心に府県レベルでは絶滅危惧の指定をしています。葉の長さは15pほどで、根茎は短くやや射上、葉柄は紫褐色で光沢があり基部に鱗片がつきます。葉は単羽状複葉で先が細くなり、各羽片は三角状長楕円形で円頭、基部前側は耳型です。ヌリトラノオのように中軸の先端に無性芽をつけず、胞子嚢群(ソーラス)は茶褐色で葉裏の葉脈に沿ってやや湾曲した棒状につきます。包膜は全縁です。

植物が陸上に進出したのは4億年以上前の古生代オルドビス紀からデボン紀にかけてと考えられており、水中生活をしていた緑藻から進化が起こり、コケ植物が生まれたとされます。コケ植物といっても苔類、蘚類、ツノゴケ類があり、この順に古い起源をもち、維管束植物はツノゴケ類と威厳を一にすると考えられているのです。


関連記事(ヘラシダ(箆羊歯)は南方系)⇒     関連記事(緑色植物に見られる生活史)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57785768
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ