イズセンリョウ(伊豆千両)

⇒自然観察会 2012年08月23日 07:46

120407イズセンリョウ蕾@エコカフェ(鋸山).JPG南房総の鋸山一帯の森も林床は樹種が少なくシカの食害が広がっているようです。イズセンリョウは千葉県が北限の南方系の植物でしかも有毒植物とされます。名前の湯らは葉がセンリョウに似ていて伊豆半島に多く自生していることによります。[2012年4月7日撮影:第12回自然観察会@山崎]

イズセンリョウ(伊豆千両、学名:Maesa japonica (Thumb.) Moritzi)はヤブコウジ科イズセンリョウ属の常緑小高木。120407イズセンリョウ@エコカフェ(鋸山).JPG分布は本州関東地方以西、四国、九州、南西諸島、中国南部からインドシナ半島に及び、暖帯から亜熱帯の照葉樹林や落葉広葉樹林の陰湿な谷筋などに自生。樹高は約1mで樹皮は紫褐色で皮目が目立ち、葉は互生し有柄、葉身は5pから15pほどの長楕円形で葉縁に不規則に粗鋸歯がつき、葉先は尖ります。葉表は濃い緑色でつやがあり、葉裏は灰緑色、両面とも無毛です。花期は4月から5月頃で葉腋から総状花序をだし、黄白色の径約5oの筒状で先が5浅裂した花を咲かせます。果実は形約5oの液果で乳白色に熟します。

千葉県房総半島付近を分布の北限とする植物には、イズセンリョウのほかバクチノキ、ホルトノキ、タイミンタチバナ、ハナミョウガ、ナガサキシダ、オリヅルシダなどがあります。


関連記事(三宅島植林地の赤い宝石は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎豊橋市東部に位置する葦毛湿原から座談山手前のNHK中継所(標高306m)への登山途中で見た果実をつけるイズセンリョウ[2012年10月27日撮影:葦毛湿原@阿部]121027イズセンリョウ@エコカフェ (2).JPG121027イズセンリョウ@エコカフェ.JPG

 2012.11.4追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57739733
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ