佐渡島宿根木の共同井戸は

⇒エコツアー 2012年08月22日 21:23

120805十王坂の下@エコカフェ(宿根木).JPG120805共同井戸@エコカフェ(宿根木).JPG佐渡島3日目。小佐渡の最南端に位置する宿根木集落は西廻りの千石船(北前船)の寄港地として発展。宿根木の国重要伝統的建造物保存地区の街並みと建築物については先に紹介したのでここでは「共同井戸」について紹介したい。[2012年8月5日撮影:佐渡島エコツアー@阿部]

宿根木集落の発展は同時に人口の増加を意味し、江戸時代中ごろからは急速な人口増加に伴って、旧集落のあった「谷の中」には収まりきらず、「高の山地区」や「新田地区」へと集落全体が拡大していったという。120805十王坂上のお地蔵様@エコカフェ(宿根木).JPG120805十王坂の上@エコカフェ(宿根木).JPGしかし、海岸段丘上に位置する「高の山地区」にあっては、水不足が起こり、解決のために「共同井戸」が建造された。当時はつるべによる汲み上げだったのでしょう。近代化してからの手押しポンプは今も利用でき、汲み上げられた水は冷たく澄んでいます。
「共同井戸」の右手脇に下りてくる「高の山地区」からの十王坂の石段のすり減りが当時の人びとの毎日毎日の暮らしと遠い年月を感じさせます。十王坂の上、集落の出口にはお決まりの「集落の結界の守護神」である「お地蔵様」が今も鎮座しています。ちなみに十王信仰の閻魔王は地蔵菩薩でもありますよ。

宿根木集落をはじめ佐渡島の集落は神仏習合の信仰と直結した街並みや雰囲気を今に色濃く残しているのではないでしょうか。


関連記事(佐渡宿根木の小さな観光ボランティアガイドさん)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57733731
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ