パイオニア植物、リョウブ(令法)はハタツモリ

⇒エコツアー 2012年08月21日 08:41

120804リョウブ蕾@エコカフェ(大佐渡石名).JPG佐渡島2日目。大佐渡石名天然杉遊歩道までの林道脇で見ることができました。リョウブの白い花です。別名に花の咲く様子からハタツモリ(旗積り)。リョウブの葉はキンモンガの幼虫のえさですが、飢饉のときには救荒植物として利用されたそうです。[2012年8月4日撮影:佐渡島エコツアー@阿部]

リョウブ(法令、学名:Clethra barvinervis Sieb. et Zucc.)はツツジ目リョウブ科リョウブ属の落葉小高木。 分布は北海道南部、本州、四国、九州、済州島に及び、山中の落葉樹林帯の尾根筋など明るいやや乾燥した場所や二次林などに自生。120804リョウブ全景@エコカフェ(佐渡島).JPG樹高は3mから7mほどで樹皮はよく剥離し淡城緑色と薄茶色の紋様をつくります。葉は互生し枝先にやや集生、葉身は10pほどの倒卵形で葉縁に細鋸歯がつき先が尖ります。葉表つやは無く無毛、葉裏は灰白色で微毛が生え、葉軸が褐色で目立ちます。花期は7月から9月頃で枝先に総状花序をだし白い小さな花をたくさん咲かせます。花は萼片、花弁とも5枚、雄蕊10本、雌蕊柱頭は先端で2裂。蜜が多く、樹皮も甘くシカが好みます。実は刮ハで熟すと褐色になります。

リョウブの根は浅いため風に弱く、倒木の危機に会うと根元にある休眠状態の不定芽をさかんに発芽させて再生を図ります。したがって表土の薄い尾根筋や斜面地でも進出することができるのです。また、リョウブは旧金属鉱山などの貧栄養の土地では群生したりすることも多く、そんな場所ではウツギ、クズ、イタドリ、ヘビノネゴザ、ササ、ヨモギ、ホンモンジゴケなど、重金属を体内で無毒化(メタロチオネイン)したり、根に根粒菌を共生させるパイオニア的な植物が見られるといいます。確かにそんな場所でした。


関連記事(パイオニア植物、ネムノキ(合歓木)が満開に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎豊橋の葦毛湿原から弓張山尾根筋を散策中に見たリョウブ[2012年10月27日撮影:葦毛湿原@阿部]121027リョウブ樹皮@エコカフェ.JPG121027リョウブ@エコカフェ.JPG

 数本しか見られませんでした。

 2012.11.10追記



◎八ヶ岳高原ロッジの森で見たリョウブ[2010年月27日撮影:八ヶ岳@山崎]100227八ヶ岳・リョウブ@エコカフェ.JPG

 株立ちした大きな株です。

 2013.1.10追記





◎奥秩父山塊の東南の端に位置する棒ノ峰(標高969m)に向かう稜線にある「岩茸石」脇に自生するリョウブ[2013年7月20日撮影:棒ノ折山@山崎]130720リョウブ@エコカフェ.JPG

 稜線では何本も確認することができました。この辺はまだシカの食害は無いのでしょう。

 2013.7.22追記


◎埼玉名栗の有間ダム湖畔の林縁でみた雌花序をつけるリョウブ[2013年7月20日撮影:棒ノ折山視察@山崎]130720リョウブ花@エコカフェ.JPG130720リョウブ@エコカフェ (2).JPG 

 ダム造成後にネムノキアカメガシワなどとともに進出したのでしょう。

 2013.7.23追記

◎山梨大月の岩殿山(標高634m)から稚児落としへの尾根筋で時折見られるリョウブ[2013年12月7日撮影:第18回自然観察会@阿部]
131207リョウブ樹肌@エコカフェ.JPG131207リョウブ@エコカフェ.JPG

 ほとんどが株立ちしていました。

 2013.12.8追記


◎京都大学フィールド科学教育研究センター付属芦生研究林内の櫃倉谷入口近くで見かけたリョウブ[2011年7月23日撮影:芦生公開講座2011「今,森から考える−森のめぐみ−」@阿部]
110723櫃倉谷入口@エコカフェ.JPG110723リョウブ@エコカフェ.JPG
 ちょうど花の先初めでした。

 2014.7.5追記




◎茨城県の筑波山(標高877m)ブナ林帯の登山道脇で見られるリョウブ[2015年6月13日撮影:筑波山@エコカフェ]
150613リョウブ樹肌@エコカフェ.JPG150613リョウブ@エコカフェ.JPG
 比較的大きな個体が所々で見られます。

 2015.6.14追記

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57703697
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ