大願時で子どもたちの明るい未来を祈願

⇒エコツアー 2012年08月20日 23:51

120805大願寺本堂と住職の話@エコカフェ(佐渡島).JPG佐渡大願時は南北朝時代の貞和元年(1345年)に託阿上人を開基として創建。山号を満松山。本尊の阿弥陀如来は鎌倉時代初期の名作。宿根木にある称光寺と同じ時宗です。文和4年(1355年)に府中本間氏に招かれ当地に念仏道場を開基。佐渡八十八ヶ所礼所の第八十八番札所です。天満宮を習合し佐渡連歌の寺としても有名です。[2012年8月5日撮影:佐渡島エコツアー@阿部]

臼木悦生住職のお話では、天正17年(1589年)に越後の上杉景勝による天正の乱による佐渡攻略の兵火で一山消失したそうです。120805大願寺山門と鐘楼堂@エコカフェ(佐渡島).JPG120805大願寺鐘楼で鐘つきを@エコカフェ(佐渡島).JPG江戸時代に入ると佐渡は金銀山があったことから徳川幕府の天領とされ、初代佐渡奉行になった大久保長安が慶長13年(1608年)に、現在の本堂と茅葺の赤い山門、鐘楼堂などを再建したという。また、佐渡奉行は金銀山のある相川にも大願時を開き鎮守天満宮(菅原道真公)を祀ったそうです。120805天正の乱供養塚@エコカフェ(佐渡島).JPG明治時代に入ると政府による神仏分離令、廃仏毀釈によって相川大願時は大願時に統合され、天満宮も大願時敷地内に移設されたそうで、かつての神仏習合の慣習を今に伝えています。

本堂に上がり天正の乱を乗り越えた阿弥陀如来様を前に、ご住職がご厚意で私たちのための発展祈願をしてくださいました。私たちは心の中で子供たちに明るい未来をと何度も何度もお祈りさせていただきました。そののちに鐘楼堂で鐘をついて煩悩を取り去っていただきました。ありがたいことです。合掌!


関連記事(大山阿夫利神社の由緒は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57698961
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ