大佐渡石名天然杉の巨樹の森に

⇒エコツアー 2012年08月19日 23:07

120804四天王杉@エコカフェ(佐渡島).JPG120804象牙杉@エコカフェ(佐渡島).JPG佐渡島2日目。大佐渡山脈主稜線近くの石名(標高約900m)を目指した。
この森は沖合を対馬暖流が北上し年間を通じて雲霧が発生しやすく、冬期は季節風が強く降雪量も多いため、杉の生育環境としては極めて厳しいといえます120804家族杉@エコカフェ(佐渡島).JPG120804大黒杉@エコカフェ(佐渡島).JPGこの森には300年を超える天然杉の風雪に耐えた奇怪な形状の巨樹たちが生命をつないでいます。この杉は裏杉(ウラスギ)といってアシウスギやタテヤマスギと同じで葉が下向きになっていて雪が滑り落ちるようになっています。
写真は上段、左側から順に次の通りです。

・象牙杉[胸高周囲:9.6m、樹高:18m]
・四天王杉[胸高周囲:12.6m、樹高:21m]
・大黒杉[胸高周囲:3.5m、樹高:19m]
・家族杉[胸高周囲:6.3m、樹高:16m]
・羽衣杉[胸高周囲:6.2m、樹高:18m]

120804羽衣杉@エコカフェ(佐渡島).JPG佐渡島にはシカなどの大型草食動物を欠いているので森の下層植生もとても豊かでした。そのためこの森で出会うハチやアブ、トンボの個体数が多いのには驚かされました。もっとも現状では人があまり立ち入らないためか蚊はいませんでした。とても心地よい素晴らしい森です。[2012年8月4日撮影:佐渡島エコツアー@叶拓斗]


関連記事(屋久杉の巨木化の謎に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
圧倒的なエネルギーを感じる森です。
穢れのない澄み切った透明な森です。
心身ともに溶け入ってしまう森です。
オニヤンマがパトロールしています。
Posted by オニヤンマの親分 at 2012年09月16日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57676802
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ