アカショウマ(赤升麻)は基本種

ビーグル号の航海日誌 2012年08月16日 21:33

100619アカショウマ@エコカフェ(川苔山).JPG先に紹介した佐渡島で見たトリアシショウマ(鳥脚升麻)はアカショウマ(赤升麻)の変種にあたるそうです。植物分類学上はアカショウマのほうを基本種としています。これはアカショウマが先に発表されたことによるのでしょうね。そこで似ているものはそこから全て出発して分類する必要があるということです。ここでは一昨年に寺中さん、玉木さん、川崎さんらと登った奥多摩川苔山で見たアカショウマを紹介しましょう。[2010年6月19日撮影:川苔山@阿部]

100619川苔山山頂@エコカフェ.JPGアカショウマ(赤升麻、学名:Astilbe thunbergii Miq.)はユキノシタ科チダケサシ属の多年草。分布は本州東北地方南部以南から近畿地方、中国地方と四国に及び、太平洋側の山地の落葉広葉樹林の林縁や草地などに自生。草丈は50pから80pほどで、葉は互生し3回3出複葉、小葉は葉身4pから10pほどで卵形から狭卵形で葉縁に浅重鋸歯がつき、葉先が尾状に尖ります。
花期は6月から7月頃で茎先に細長い円錐花序をだし、トリアシショウマより小さな白い径約8mmの花をたくさん咲かせます。花弁は5枚でへら形、雌蕊2本、雄蕊10本で葯も白い。花序は最下部で分枝するくらいでほとんど分枝しないという。果実は刮ハでで熟すと下部が開裂し種子を散布します。

この仲間は地方変異が多いらしいが、写真の個体は円錐花序の最下部でよく分枝している様子が確認でします。アカショウマは名前の由来にあるように茎がしばしば赤味を帯びるというが、赤味を帯びることのない個体もあるという。この仲間の同定は厄介らしいです。


関連記事(川苔山百尋滝が恋しい!)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:日本固有種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57620066
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ