佐渡宿根木の小さな観光ボランティアガイドさん

⇒エコツアー 2012年08月16日 01:04

120805小木中学校ボランティア@エコカフェ(宿根木).JPG佐渡島エコツアー3日目。最南端にある国重要伝統的建造物保存地区に選定されている宿根木集落を訪ねました。江戸時代後期から明治初期にかけて全盛期であった北前船の寄港地として発展した港町です。小木中学校の1年と3年の生徒さんがボランティアガイドをしてくれました。[2012年8月5日撮影:佐渡エコツアー@叶拓斗]

船大工が建築した小粋な民家と入江の奥に海に面した以外の三方向を海岸段丘に囲まれた小さな土地に所狭しに当時の面影を今に伝える町並みが残っています。120804三角屋@エコカフェ(小木).JPG120804三角屋内部@エコカフェ(小木).JPGとりわけ狭い路地の形状を活かして建てた「三角屋」と呼ばれる船型の民家は船大工の力作と言えましょう。屋根は「石置木羽葺屋根」といって板を何重にも重ね、その上に石を置いています。壁も板張りで一見すると質素な作りだが、内装は豪華な仕上げになってます。

鎌倉時代に入り、1263年(弘長3年)頃にはこの地に本間氏の羽茂出城が築かれ、1304年(嘉元2年)、宿根木白山神社が創建されています。江戸時代、1614年(慶長19年) 小木港が開港し、1672年(寛文12年)、北廻り航路が開かれ北前船と呼ばれる千石船の寄港地となった。これにより宿根木集落の繁栄がはじまり、1885年(明治18年)に政府により五百石積以上の和船建造が禁止され、鉄道輸送に政策転換されると廻船業は衰退の一途をたどり、人びとは農業に転換していったという

120805世捨小路@エコカフェ(宿根木).JPG長者橋をから宿根木集落に入り、最後は出棺のため棺をかついで歩いたという世捨小路から集落の外に出ました。宿根木集落の町並みをどのような視点をもって体験するかは個々人の心に任せることにしました。きっと何かを学んだに違いありません。真夏の太陽にも負けない小木中学校生徒さんの明るい笑顔がとても印象的でした。ありがとう! 

関連記事(佐渡島の小木宿根木郵便局に魅せられて)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎小木中学校の生徒さんが案内した宿根木集落から三階建土蔵[2012年8月4日撮影:佐渡エコツアー@阿部]
120805土蔵@エコカフェ.JPG120805土蔵の解説版@エコカフェ.JPG
 この集落では海風が強いため白色の漆喰壁を板張りの覆屋で保護しているそうです。

 2015.7.20追記


◎次は宿根木集落「高の山地区」の共同井戸[2012年8月5日撮影:佐渡エコツアー@阿部]
120805共同井戸@エコカフェ(宿根木).JPG120805共同井戸解説版@エコカフェ.JPG
 江戸時代中頃から千石船基地として集落の人口が増えたため、谷間地区から高の山地区、新田地区が拡大。段丘上にある高の山地区の住民のために丘陵断崖下に共同井戸が設置されたのだそうです。詳細は⇒

◎次は宿根木集落を流れる小川にかかる念仏橋[2015年8月5日撮影:佐渡エコツアー@阿部]
120805念仏橋解説版@エコカフェ.JPG120805念仏橋@エコカフェ(宿根木).JPG
 安永5年(1776年)に船主高津勘四郎による寄進。白山神社鳥居と同様に瀬戸内海産の御影石を尾道港から積み出したそうです。


◎次は、江戸時代中期から明治期に回船業で財を成した船主清九郎宅[2012年8月5日撮影:佐渡エコツアー@阿部]
120805清九郎宅@エコカフェ.JPG120805清九郎宅解説版@エコカフェ.JPG
 建築材料、技術ともに最高水準だそうです。





◎次は、宿根木が誇る幕末の蘭学者、柴田収蔵の作成した世界地図[2012年8月5日撮影:佐渡エコツアー@阿部]
120805柴田収蔵解説版@エコカフェ.JPG120805柴田収蔵作世界地図@エコカフェ.JPG
 収蔵は書家、医者。地理学者でもあり、江戸幕府藩書調所絵図取締役として現在の国土地理院の仕事に従事したという。


◎次は、宿根木集落の中を縫う路地と屋号「松平」宅[2012年8月5日撮影:佐渡エコツアー@阿部]
120805路地で説明を聞く@エコカフェ.JPG120805集落の路地@エコカフェ.JPG
 小木中学校の生徒さんたちは自分たちの地域を愛しその歴史をしっかり勉強していた。素晴らしいことです。



◎最後は、死者の霊が集落との別れを告げる世捨小路[2012年8月5日撮影:佐渡エコツアー@山崎]
120805世捨小路@エコカフェ(宿根木).JPG120805世捨小路解説版@エコカフェ.JPG
 集落の人びとが死者との別れを告げる場所でもあり。人びとが先祖を誇りに思い大切にしていることも聞きました。

 2015.7.20追記


 


 
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57605208
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ