佐渡小木港のたらい舟の今昔

⇒エコツアー 2012年08月15日 22:45

120804たらい舟@エコカフェ(尖閣湾).JPG佐渡島エコツアー2日目。大佐渡石名天然杉を観察してから尖閣湾に向かいました。そこでの出来事です。小さなプールにブリキの「たらい舟」があり、好奇心任せに試乗してみました。なんともです。

今回の佐渡エコツアーでは、時間的余裕があれば、本物の「たらい舟」にぜひ乗ってみたいと思っていたのですが、大観寺詣でなど飛び入り案件が急きょ入ってきたので叶いませんでした。唯一、尖閣湾での出来事が最初で最後でした。結局、またの機会までのおあずけとなりました。[2012年8月4日撮影:佐渡島エコツアー@叶拓斗]

120804サドガシマン@エコカフェ(尖閣湾).JPG「たらい舟」は「はんぎり」ともいって、江戸時代から佐渡南端の小木半島で漁のために使われてきた舟のひとつです。岩礁と小さな入り江の多い海域にあっては、桶を半切りにしたこの形の舟のほうが安定感があり、操作性にも優れているということらしいのです。

「たらい舟」は現在でも貝や藻を採るために使われているそうです。観光用のものは大人二人がゆったりと座れる空間があり、意外と安定感もあるようですが、魯を漕ぐのが和舟と違って難しく、思うように前に進むことはないと聞きます。何事もプロフェッショナルが大切ということなのでしょう

いま一つ意味のわからなかったのが、「離島戦隊、サドガシマン&ズルガシマン」の記念写真撮影用の看板です。ここは「郷に入れば郷に従え」で佐渡お助けマンになりました。


関連記事(和舟漕ぎに挑戦!)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
小木港の開港は1614年(慶長19年)だそうですね。
Posted by トンビ at 2012年08月15日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57603772
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ