海浜植物、グンバイヒルガオ(軍配昼顔)

ビーグル号の航海日誌 2012年08月14日 21:20

120721グンバイヒルガオ@エコカフェ(沖縄).JPG沖縄諸島やや宮古列島、八重山列島など亜熱帯気候下にある島嶼の海岸ではグンバイヒルガオがよく見られます。花は季節にかかわらず一年を通じてみることができるようです。沖縄ではハマカンダーと呼びます。辺野古岬の対岸の大浦の砂浜はやたら静かで、あちらこちらで花が咲いていましたよ。[2012年7月21日撮影:沖縄視察@阿部・山本・田辺]

グンバイヒルガオ(軍配昼顔、学名:Ipomoea pes-caprae (L.) R.Br.)はナス目ヒルガオ科サツマイモ属の多年草。分布は世界の熱帯から亜熱帯に広く、日本では九州宮崎県以南、南西諸島に及び、海岸の砂浜に自生。120721辺野古近くて遠いな@エコカフェ(沖縄).JPG草丈は匍匐するため足首ほどで、葉は互生し、葉身は3pから8pほど広楕円形(軍配形)で先が凹む。花期は夏期を中心に通年、葉腋から長い花柄を伸ばし、径5、6pほどの淡紫色の漏斗状の花を咲かせます。果実は径約2pの扁球形の刮ハで熟すと下側が開裂し、中の種子を散布します。

種子が海流散布するため、日本列島を北上しては漂着地で芽吹くのだが冬季を超えることはできず定着することはなかった。ところが、近年、地球温暖化の影響であろうか、大分や高知の海岸でも定着しつつあるようです。また、小笠原諸島では繁殖力の旺盛な外来種として小笠原固有種への圧迫に注意を払う必要がありそうです


関連記事(海浜植物、ハマアズキ(浜小豆))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎沖縄本島の東方に位置する神聖な久高島の海岸に群生するグンバイヒルガオ[2012年7月22日撮影:沖縄視察@阿部]120722グンバイヒルガオ@エコカフェ(久高島).JPG

 2012.11.23追記





◎宮古島東平安名崎の草地に広がるグンバイヒルガオ[2010年10月10日撮影:宮古島エコツアー@阿部]101010東平安名崎@エコカフェ.JPG101010グンバイヒルガオ@エコカフェ.JPG

 背後にはクサトベラが群生しています。

 2013.8.20追記


◎八重山群島に属する隆起琉球石灰岩の黒島の仲本海岸で見たグンバイヒルガオ[2014年3月14日撮影:黒島@山崎]
140314グンバイヒルガオ@エコカフェ.JPG140314グンバイヒルガオ@エコカフェ.JPG
 潮風で花はすっかり萎んでしまい破れてしまい、周囲はコウライシバが僅かに広がっていました。

 2014.5.18追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57589774
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ