シラビソ(白檜曾)は亜高山帯に

⇒自然観察会 2012年08月13日 21:50

100710シラビソ大木@エコカフェ(富士山).JPG日本の亜高山帯の植生の主役はトウヒ、コメツガ、シラビソ、オオシラビソなどの常緑針葉樹です。シラビソは降雪の少ない太平洋側、オオシラビソは多雪である日本海側に多いとされるが、中部山岳地帯では混生しています。富士山5合目付近のシラビソの大木と6合目付近で矮小化したシラビソを撮影しました。[20120年7月10日撮影:第7回自然観察会@山崎]

シラビソ(白檜曽、学名:Abies veitchii Lindley)はマツ科モミ属の常緑針葉樹で高木。日本固有種で軽度懸念。分布は本州福島県から和歌山県までと四国に及び、亜高山帯に自生。純林や混交林を形成。樹高は20mから30mほどで、樹皮は灰白色で平滑、皮目が横長で縞模様ができる。100710シラビソ@エコカフェ(富士山).JPG葉は2列がらせん状に密生し、葉身は15mmから20mmほどのやや扁平な線形で先端は凹形となる。葉表は深緑色で光沢があり、葉裏には軸の両側に1本ずつ白色の気孔帯が目立ちます
花期は8月頃で、雌雄異花、梢先に集生し、雄花は黄色で密に垂下がり、雌花は暗赤色で直立して咲きます。果実は長径約4cmから6cmほどのやや先が尖った円柱形の球果で、9月から10月頃に暗青紫色に熟します。

四国の剣山と石鎚山に自生するものは変種シコクシラベとする説があります。四国の自生地では競合する針葉樹を欠くために純林を形成しているという。


関連記事(コメツガ(米栂))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎南アルプスの夜叉神峠(標高1770m)周辺に広がるシラビソ・コメツガ混合林[2011年7月9日撮影:鳳凰三山@澤尚幸]110709シタビソ球果@エコカフェ(鳳凰三山).jpg110709シラビソ・コメツガ混合林@エコカフェ(鳳凰三山・夜叉神峠).jpg

 登山道脇にシラビソの球果が落ちていました。

 2012.8.14追記




◎南アルプスの苺平(標高2512m)付近に広がるシラビソの純林[2011年7月9日撮影:鳳凰三山@澤尚幸]110709シラビソ@エコカフェ(鳳凰三山・苺平).jpg110709シラビソ立ち枯れ@エコカフェ(鳳凰三山).jpg

 夜叉神峠から杖立峠を過ぎるとシラビソ純林となり、苺平まで標高を稼ぐと立ち枯れしたシラビソも目立つようになります。
 
 2012.8.14追記

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57576769
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ