静かなノアザミ(野薊)

⇒エコツアー 2012年08月11日 14:04

120803ノアザミ@エコカフェ(佐渡島).JPG佐渡島津神島の津神神社境内で1輪のアザミの花を見つけました。花の下部にある総苞を恐る恐る触ってみると見事にねばねばしていました。ノアザミです。[2012年8月3日撮影:佐渡島エコツアー@阿部]

ノアザミ(野薊、学名:Cirsium japonicum Fisch. ex DC.)はキク科アザミ属の多年草。分布は本州、四国、九州に及び、草原や河川敷などに自生。草丈は50pから100pほどで、根生葉は花期にも残り羽状に中裂、茎葉は基部で茎を抱き、鋭いとげが多い。
120803ノアザミ葉@エコカフェ(佐渡島).JPG花期は5月から8月頃で、枝先に径約4pから5pの頭花を上向きに咲かせます。花は紅紫色で全て筒状花、総苞片は直立し粘液をだすため粘るのが特徴です。ちなみにノハラアザミは粘りません。

佐渡島にはナンブアザミの島嶼型の変種で、佐渡島固有変種のサドアザミが知られています。総苞片は粘ることはなく、葉は羽状中裂し、長さ1、2oの棘をたくさんもつのが特徴のようです。


関連記事(オガサワラアザミ(小笠原薊))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




◎霊峰白山(標高2702m)へ向かう登山道脇の草原でみたノアザミ[2013年8月17日撮影:白山登山@中村敏之]130817ノアザミ@エコカフェ.JPG130817ノアザミ@エコカフェ(白山).JPG

 総苞片は中央が白っぽく蜜腺があってクモ毛が巻き粘るのだそうです。

 

130817ノアザミ冠毛@エコカフェ.JPG130817ノアザミ花終り@エコカフェ.JPG

 花が終わると冠毛が現れます。

 2014.1.16追記



◎三方ヶ峰火山の火口原に広がる池の平湿原(標高2000m)の周片でよくみられるノアザミと花[2016年8月14日撮影:池の平湿原事前視察@山崎]
160807ノアザミとヤナギラン種子@エコカフェ.JPG160807ノアザミ花@エコカフェ.JPG
 ヤナギランが花を終え鞘をつけています。

 2016.8.20

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57545023
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ