波照間島の黒糖を

ビーグル号の航海日誌 2012年07月31日 20:58

120727_0713~01.jpg120727_1303~02.jpg120727_1303~01.jpg波照間島は日本最南端の人が住む島。サトウキビ栽培が主産業。泡盛と黒糖の島。さて、黒糖と黒砂糖は同義だって知ってますか。
平成23年3月30日に消費者庁はJAS法の解釈通知「食品表示に関するQ&A」を改正し黒糖と黒砂糖は同義であると明確にしている。
同月31日には消費者庁は「黒糖と黒糖加工品」をJAS法の加工食品表示基準を改正し、原料原産地表示義務付け対象に加えています。つまり、黒糖と黒砂糖はさとうきびを絞ってそのまま固めたもの、としています。へいですね。
これにより黒糖の利活用が見直され新たな商品化の動きが起こりつつあります。嬉しいですね!

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57357696
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ