ビロウ(檳榔)はクバで神聖なり

ビーグル号の航海日誌 2012年07月23日 21:05

120722ビロウ@エコカフェ(久高島).JPG久高島では祭祀行事は年間27件に上り、その行事には多くの植物が重要な役割を果たしているそうです。ビロウもそのひとつでクバと呼ばれ、扉や神座にはビロウの葉が使われます。もちろん沖縄では人びとの暮らしの中で若芽を食したり、サバニ(小舟)の帆や屋根、クバ扇など生活用具として利用したといいます。

ビロウ(蒲葵、枇榔、檳榔、学名:Livistona chinensis R. Br. ex var subglobosa Becc.)はヤシ科ビロウ属の単子葉植物で常緑高木。120722ビロウ若木@エコカフェ(久高島).JPG分布は四国西南端、九州、南西諸島、台湾、中国南部などに及び、東アジアの亜熱帯の海岸付近に自生。樹高は10mから15mほどで単幹で直立し、葉は樹幹の頂端から1mから2mの葉柄を伸ばし先に1.5mから2mの掌状で中央部まで裂けます。花期は3月から4月頃で葉腋に長い柄のある円錐花序をだし、黄白色の花をたくさん咲かせます。果実は長径約1.5pの楕円形で10月から12月頃に碧黒色に熟します。

久高島では背の低いものが多く、耐乾性、耐潮性、強風にも強い頼りになる植物です。もっともビロウは、日本本土(内地)においても古代天皇制のもとで松竹梅以上に神聖な植物と扱われ、今日でも天皇の即位の礼ののち初めての新嘗祭である大嘗祭で祓を行う百子帳の屋根材として用いられます。


関連記事(オガサワラビロウ(小笠原枇榔))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57199666
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ