マングローブの住人、ベニシオマネキ(紅潮招)

ビーグル号の航海日誌 2012年07月16日 18:51

101011ベニシオマネキ雄@エコカフェ(宮古島).JPG海の日、宮古島の「島尻マングローブ林」は天然記念物で、海水と淡水が混ざる汽水域の泥土にヤエヤマヒルギオヒルギメヒルギ、ヒルギモドキ、ヒルギダマシが生育しています。そこは陸から流れ込む泥や栄養分を含んだ水を受け止めるフィルターの役割を担うため「海の森」とも呼ばれ、特異な多様な生態系を有しています。潮が引くとベニシオマネキなどのシオマネキの仲間が泥土中から現れ、オスは盛んに大きなハサミを振りメスの気をひくウェイビングという行動を行うんですよ。[2010年10月11日撮影:宮古島エコツアー@阿部]

101011ベニシオマネキ大群@エコカフェ.JPG101011ベニシオマネキ雌@エコカフェ(宮古島).JPGベニシオマネキ(紅潮招、学名:Uca chlorophthalma crassipes (Adams et White))は十脚目スナガニ科シオマネキ属の南方系のカニ。分布はインド洋と西太平洋の熱帯気候に広く、日本では南西諸島と小笠原諸島の干潟に生息。甲幅は15oほど、甲羅は鮮紅色から黒色まで変異が大きく、脚は黒色です。オスの鋏脚の左右のどちらかが鮮紅色で大きく立派な鋏になります。食性はプランクトンやデトリタスなどの泥土に含まれる有機物です。小さな鋏脚のみを使って食事をしますが、ちょこちょこと少しずつ移動しながら、土団子をつくる様子は可愛らしいです。いつのまにか干潟は一面にたくさんの小さな土団子が置かれてしまいます。

これらシオマネキの仲間は食事を通じて干潟の御掃除をして綺麗にしているのです。陸上のミミズなどが土壌を豊かにしているのと同じ役割なのですね。今年度も宮古島を訪ね島尻マングローブ林の生態系観察をしようと計画を練っているところです。


関連記事(忍者のようなオオイワガニ(大岩蟹))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ





posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57079727
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ