高山植物の魅力(60)、エゾツツジ(蝦夷躑躅)

ビーグル号の航海日誌 2012年07月16日 12:29

110812エゾツツジ@エコカフェ(幌尻岳).JPG幌尻岳山頂近くに広がるお花場では多様な高山植物を確認することができます。タカネオミナエシエゾシオガマチングルマイワブクロ、ミヤマリンドウ、エゾウサギギクミヤマアズマギクヨツバシオガマアオノツガザクライワヒゲなどで、エゾツツジもそのひとつです。[2011年8月12日撮影:幌尻岳@澤尚幸]

エゾツツジ(蝦夷躑躅、学名:Therorhodion camtschaticum (Pall.) Small)はツツジ科エゾツツジ属の落葉小低木。110812エゾツツジ群落@エコカフェ(幌尻岳).JPG分布はアジア東北部、シベリア、カムチャッカ、アラスカなど広く、国内では本州東北地方北部と北海道に隔離的に高山帯の岩礫地や草原に自生。まさに氷河期の生き残りそのものです。樹高は10pから30pほどで、樹幹は地を這い分枝し斜上、葉は互生し葉身約3pの倒卵形で鈍頭。葉縁や葉裏、柄、萼筒に微毛が生えます。
花期は6月から8月頃で、若枝先に花序を伸ばし径約3pの紅紫色の花を数個咲かせます。花は漏斗状で花冠は5裂し、上側の花弁には褐色の斑点が入ります。雄蕊10本が前方に突き出ます。

エゾツツジはツツジ属のエゾツツジ亜属とする学説もあるが、ここではエゾツツジ属と独立に分類する例に従った。ツツジの仲間は国内でもヒカゲツツジアカヤシオ、レンゲツツジ、モチツツジ、ミヤマキリシマ、ミツバツツジイワヒゲアオノツガザクラなど種分化レベルが高いため最も多様性の高い植物のひとつと言えますね。


関連記事(高山植物の魅力(59)、トカチフウロ(十勝風露)は色違い)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57073167
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ