高山植物の魅力(57)、シロバナノヘビイチゴ(白花の蛇苺)

ビーグル号の航海日誌 2012年07月14日 07:46

110709シロバナノヘビイチゴ@エコカフェ(鳳凰三山).jpgこのところ雨が多く登山はは難しいです。昨年、南アルプス赤石山脈支脈甲斐駒ケ岳の南に伸びる鳳凰三山の苺平付近で登山道脇の草地でたくさんのシロバナノヘビイチゴが花をつけていましたので紹介します。[2011年7月9日撮影:苺平@澤尚幸]

シロバナノヘビイチゴ(白花の蛇苺、学名:Fragaria nipponica Makino)はバラ科オランダイチゴ属の多年草。分布は本州宮城県以南から中部地方までと屋久島、済州島、樺太に隔離し、山地帯から高山帯下部の日当たりのよい草地に自生。草丈は15pから20pほどで、枝はよく分枝し長い匍匐枝を伸ばす。根出葉は3出複葉、小葉は葉身2pから5pの卵形から長楕円形で先が尖り鋭鋸歯がつきます。葉や茎には毛が生えます。
花期は5月から7月頃で、花柄を伸ばし先端に白色の花を咲かせます。花は径約2pで萼片、副顎片、花弁とも5枚、雄蕊は黄色で長く、雌蕊もたくさんつきます。果実(果床)は径約1pの球形で、夏から秋に赤く熟します、芳香があり美味しいそうです。

隔離分布しているのが面白いですが、変種にヤクシマシロバナヘビイチゴ、エゾノクサイチゴがあるようです。これらは側脈がヘビイチゴより目立ち、ヘビイチゴ属のヘビイチゴとは別ものです。

関連記事(高山植物の魅力(56)、イワスゲ(岩菅))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:広域種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57039134
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ