高山植物の魅力(54)、イワブクロ(岩袋)

ビーグル号の航海日誌 2012年07月12日 22:24

110812イワブクロ@エコカフェ.JPG北海道日高山脈主峰の幌尻岳(標高2052m)山頂からの尾根筋の岩場の砂礫地でイワブクロが咲いていました。樽前山で多く見られることから別名にタルマイソウとも呼びます。[2011年8月12日撮影:幌尻岳@澤尚幸]

イワブクロ(岩袋、学名:Penstemon frutescens Lamb.)はゴマノハグサ科イワブクロ属の多年草。分布は本州東北地方、北海道、千島列島、樺太、シベリア、カムチャッカに及び、亜高山帯や高山帯の火山系の岩場や砂礫地に自生。草丈は10pから20pほど、根茎は枝のように地中を這って株を形成。葉は交互に対生し厚みがあり、葉身は4pから7pほどの卵状長楕円形で先が尖り、葉の縁に鋸歯があり毛が生えます。
花期は7月から8月頃で茎先に淡赤紫色の花が横向きに咲きます。花冠は長さ4pから7pほどの鐘型で縁に長い毛が生えます。花がボディの割に大きいのが高山植物の特徴でもあります。

イワブクロはパイオニア植物としていち早く火山系の砂礫地に進出し、群落を形成するそうです。秋には草紅葉として美しく紅葉します。


関連記事(高山植物の魅力(53)、ミヤマアズマギク(深山東菊))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:広域種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57019229
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ