高山植物の魅力(50)、ヤマハハコ(山母子)

ビーグル号の航海日誌 2012年07月11日 23:18

110812ヤマハハコ@エコカフェ(幌尻岳).JPG北海道日高山脈主峰の幌尻岳(標高2052m)に広がるお花畑では盛夏にたくさんの高山植物の花が見られます。ヤマハハコもそのひとつです。名前の由来はハハコグサに似ていて山に生えることにあるそうです。[2011年8月12日撮影:幌尻岳@澤尚幸]

ヤマハハコ(山母子、学名:Anaphalis margaritacea (L.) Benth. & Hook. f. var. angustior (Miq.) Nakai)はキク科ヤマハハコ属の多年草。雌雄異株。分布は本州長野県以北、北海道、千島列島、樺太、中国、ヒマラヤから北アメリカに及び、低山帯から高山帯の日当たりのよい草原などに自生。草丈は30pから60pほどで茎に灰白色の綿毛が密生。葉は互生し基部で茎を抱き、葉身は6pから9cmほどの狭披針形で先鋭、全縁。葉表はつやがあり、葉脈3本が目立ち、葉裏にも綿毛が密生します。
花期は8月から9月頃で、茎頂に散房花序をだし、たくさんの淡白黄色の頭花を咲かせます。周囲の白色の部分は乾質の総苞片で、雄株には中央に両性花と雄花、雌株には雌花だけがつきます。ハハコグサが両性花と雌花ともに結実するのに対して、ヤマハハコは雌花だけが結実します

近縁種のホソバヤマハハコは本州福井県・愛知県以西、四国、九州の山地頂上付近に自生し、カワラハハコは北海道から九州までの河川敷の砂礫地に自生するそうです。


関連記事(高山植物の魅力(49)、エゾシオガマ(蝦夷塩釜))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎立山室堂のお花畑で見た蕾をつけるヤマハハコ[2008年7月12日撮影:立山雷鳥エコツアー@阿部]080711ヤマハハコ蕾@立山雷鳥エコツアー 047.jpg

 2013.7.22追記






◎北アルプス小日向山(標高1907m)の小日向のコル上部でみたヤマハハコ[2013年7月6日撮影:第16回自然観察会@阿部]130706灌木@エコカフェ(小日向山).JPG130706ヤマハハコ@エコカフェ.JPG 

 山中、たった1株しか確認できませんでした。周囲はまだ早春のようです。

 2013.7.12追記




◎白山信仰の霊峰である白山(標高2702m)への登山道脇でみたヤマハハコ[2013年8月17日撮影:白山@中村敏之]130817ヤマハハコ@エコカフェ.JPG130817ヤマハハコ群落@エコカフェ(白山.JPG

 群落地もありました。

 2014.1.13追記



◎猪苗代湖の北側に位置する会津磐梯山(標高1816m)の登山道脇でみたヤマハハコ[2013年10月5日撮影:第17回自然観察会@阿部]
131005ヤマハハコ@エコカフェ(磐梯山).JPG131005ヤマハハコ花@エコカフェ.JPG
 2014.2.23追記






◎三方ヶ峰火山の火口原に広がる池の平湿原(標高2000m)及びその周辺で見られたヤマハハコの花[2016年8月14日撮影:池の平湿原事前視察@山崎]
160807ヤマハハコ@エコカフェ.jpg160807ヤマハハコ花@エコカフェ.JPG
 2016.8.23追記

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56999064
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ