ムニンヒメツバキ(無人姫椿)は女王様

ビーグル号の航海日誌 2012年07月02日 12:58

070714ムニンヒメツバキ@エコカフェ.JPGこの季節、小笠原の森の中に分け入るとこの花を見ないことはまずないだろう。戦前までは尾根筋や急斜面地、岩場を除き山地の至る所が開墾されサトウキビ栽培など農耕地として利用されてきたが、戦後の放棄によりそのほとんどは明るい二次林に遷移しています。そんな森で女王様の風格です。[2007年7月14日撮影:森も海も不思議いっぱい!小笠原エコツアー 〜海洋島の生態系の神秘を知る〜@松崎哲哉]

ムニンヒメツバキ(無人姫椿、学名:Schima mertensiana (Sieb. et Zucc.) Koidz.)はツバキ科ヒメツバキ属の常緑亜高木。小笠原固有種。東南アジア系。分布は小笠原諸島に広く、低地から山地、耕作放棄地などに成立した二次林内などに自生。070714ムニンヒメツバキ花@エコカフェ.JPG樹高は7mから10mほどで、樹皮は暗褐色、枝先はよく分枝し射上し、葉は互生し、葉身は10cmから18cmの長楕円形、全縁で先が尖ります。葉脈が明瞭で葉裏の主脈上に白い軟毛が生えます。花期は5月から7月頃で、枝先に集まってチャノキの花に似た径約50mmの5弁の白色の花を咲かせます。果実は径約20mmの扁球形の刮ハで11月頃に熟すと裂開し種子を散布します。種子は扁平で翼を持ちます。

ムニンヒメツバキは小笠原村の「村花」で、島民からはロースード(ローズウッドが転訛)と呼ばれ親しまれています。この木は南西諸島に分布するイジュが近縁と考えられているが、イジュの葉には鋸歯があるなどの違いがあるようです。


関連報告書(森も海も不思議いっぱい!小笠原エコツアー 〜海洋島の生態系の神秘を知る〜)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



◎父島の初寝遊歩道脇の日当たりのよい場所で見たムニンヒメツバキの果実[2012年1月1日撮影:お正月の旅小笠原2011年度@吉岡明良]
120101ムニンヒメツバキ@エコカフェ.JPG120101ムニンヒメツバキ果実@エコカフェ.JPG

 2012.12.23追記





◎父島の北袋沢から衝立山への登山道脇で見たムニンヒメツバキの大木[2007年7月14日撮影:森も海も不思議いっぱい!小笠原エコツアー 〜海洋島の生態系の神秘を知る〜@松崎哲哉]070714ムニンヒメツバキ花@エコカフェ (2).JPG070714ム貧ヒメツバキの大木@エコカフェ.JPG

 たくさんのヒメツバキとその花を見ました。

 2012.12.23追記



◎小笠原父島のサンクチュアリーの森で見たムニンヒメツバキの新葉と種子[2010年5月7日撮影:小笠原エコツアー「ケータ島沖(聟島列島)と小笠原固有植物の森をめぐる旅」@山崎]100507ムニンヒメツバキ@エコカフェ(サンクチュアリー).JPG100507ムニンヒメツバキ(種子)@エコカフェ(サンクチュアリー).JPG

 新葉は赤味がさします。クチクラ層ができるまで紫外線から葉を守る働きがあります。

 2013.1.5追記


◎小笠原父島のサンクチュアリーの森の深い所で見たムニンヒメツバキの大木と紅葉(落葉)[2010年5月7日撮影:小笠原エコツアー「ケータ島沖(聟島列島)と小笠原固有植物の森をめぐる旅」@山崎]100507ムニンヒメツバキ大木@エコカフェ(サンクチュアリー).JPG100507ムニンヒメツバキ(紅葉)@サンクチュアリー.JPG

 
常緑高木ですが働き尽くした葉は紅葉し落下します。そして新芽、若葉が伸び、新陳代謝を図っています。常緑樹ゆえのいとなみですよ。 

 2013.1.5追記



◎小笠原中央山や旭山の山腹林内で散在するムニンヒメツバキ[2008年1月1日撮影:お正月の旅 小笠原2008年度@山崎]080101ムニンヒメツバキ@エコカフェ小笠原(お正月) .jpg080101ムニンヒメツバキ果実2@エコカフェ.jpg

 2013.1.6追記





◎父島の夜明道路沿いでみたムニンヒメツバキ[2014年4月28日撮影:未開の森と南島をめぐる父島満喫の旅@山崎]
140430ムニンヒメツバキ@エコカフェ.JPG140430ムニンヒメツバキ蕾@エコカフェ.JPG
 蕾をつけています。

 2014.5.8追記

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56825638
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ