オガサワラリュウビンタイ(小笠原龍鱗)

ビーグル号の航海日誌 2012年07月01日 21:38

120102オガサワラリュウビンタイ@エコカフェ.JPG小笠原父島の亜熱帯農業センターではオガサワラリュウビンタイを栽培展示しています。小笠原にはリュウビンタイ科では他に固有種で絶滅危惧U類ののリュウビンタイモドキが母島のみに自生しています。父島に自生するオガサワラリュウビンタイはノヤギの食害にあっているためか林内で見かけることはほとんどないように思う。[2012年1月2日撮影:「お正月の旅小笠原」船内プログラム[2011年度]@山崎]

オガサワラリュウビンタイ(小笠原龍鱗、学名:Angiopteris boninensis Hieron.)はリュウビンタイ科リュウビンタイ属の大型の常緑性シダ植物。小笠原固有種。分布は父島、弟島、母島に及び、湿り気の多い林内や谷筋などに自生。 根茎は塊状で大きく径約50pにもなり、葉は根茎から集まって伸び、2回羽状複葉で葉身2m以上になる。葉柄は径約5pと太く、基部に鱗片はなく、表面に細く白い斑紋が散在するのが特徴です。小羽片の裏面には偽脈が片縁から羽軸まで伸び、左右の片縁近くに胞子嚢群(ソーラス)が列生します。これに対してリュウビンタイモドキは鱗片が比較的残り、斑紋が出ることも偽脈もなく、ソーラスの形も異なるという。

オガサワラリュウビンタイはアジア・アフリカの熱帯・亜熱帯地域に自生するホソバリュウビンタイの近縁種とする見解があるそうです。今後の研究が進むことで新たな事実が明らかになるかもしれませんね。


関連記事(コタニワタリ(小谷渡))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎小笠原母島の堺ヶ岳に向かう登山道脇で見たオガサワラリュウビンタイ[2011年9月19日撮影:祝世界自然遺産登録・エコカフェ小笠原諸島ツアー@阿部]オガサワラリュウビンタイ株@エコカフェ.JPGオガサワラリュウビンタイのソーラス@エコカフェ.JPG

 2012.7.1追記






◎小笠原母島堺ヶ岳に向かう谷筋で見たオガサワラリュウビンタイ[2011年9月19日撮影::祝世界自然遺産登録・エコカフェ小笠原諸島ツアー@中村]オガサワラリュウビンタイ@エコカフェ.JPG

 葉塀に細く白色の斑紋があるのが確認できます。

 2012.7.1追記




◎小笠原諸島母島の桑の木山の林下に自生するオガサワラリュウビンタイ[2011年9月18日撮影:祝世界自然遺産登録・エコカフェ小笠原諸島ツアー@阿部・山崎]110918オガサワラリュウビンタイ@エコカフェ.JPG120918オガサワラリュウビンタイ@エコカフェ.JPG

 2013.1.4追記






◎小笠原諸島父島の西海岸から北袋沢に帰る途中に山中で見たオガサワラリュウビンタイ[2014年4月28日撮影:未開の森と南島をめぐる父島満喫の旅@阿部]
140428オガサワラリュウビンタイ@エコカフェ.JPG
 崖地上部に自生しているのでノヤギの食害から逃れられているんだそうです。by松原

 2014.8.8追記


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56812111
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ