マサキ(柾)も照葉樹林を

ビーグル号の航海日誌 2012年03月25日 17:35

080426マサキ@エコカフェ(江ノ島) 067.jpg江の島龍野ヶ岡自然の森では照葉樹林の主役たちを観察することができます。マサキもそのひとつでトベラヒサカキなどとともに低木層を構成します。[2008年4月26日撮影:第1回自然観察会@阿部]

マサキ(柾、学名:Euonymus japonicus Thunb.)はニシキギ目ニシキギ科ニシキギ属の常緑低木。分布は北海道南部、本州、四国、九州、伊豆諸島、南西諸島、小笠原諸島、中国、朝鮮半島に及び、暖地の海岸近くの照葉樹林内などに自生。樹高は1mから5mほどで、樹皮は灰褐色で白く縦に筋目が入り、若い枝は緑色。名前の由来は「真青木」が語源であるという。葉は対生、まれに互生か3輪生し、枝先のほうに集まり、皮質でクチクラ層が発達、葉身は3pから8pほど、円形か楕円形で先は鈍頭、葉縁には基部を除き浅い鋸歯がつく。花期は6月から7月頃で、本年枝の上部の葉腋から集散花序を伸ばしたくさんの黄緑色の小花を咲かせます。小花は径約7mm、花弁と萼片は各4枚、雄蕊4本の花糸と雌蕊花柱が長い。果実は径約7mmの球形の刮ハで、11月から翌年1月頃に赤く熟すと4開裂し、4個の橙赤色の仮被種に覆われた種子を出します。

マサキは丈夫であることから垣根や神社の境内に植栽されたりしているので、比較的よく観察することができます。明治神宮の森などでもサカキ、ヒサカキと同じように普通に見られます。


関連記事(タブノキ(椨)は照葉樹林の代表樹)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎伊豆大島三原山中腹を覆う溶岩原の植生回復調査で確認したマサキ[2010年6月12日撮影:伊豆大島御神火ツアー@阿部]100612マサキ@エコカフェ.JPG100612マサキ@エコカフェ(伊豆大島).JPG

 関連報告書(伊豆大島視察レポート)⇒

 2014.1.25追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54625359
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ