3月、春、地震、第五福竜丸

ビーグル号の航海日誌 2012年03月01日 08:38

第五福竜丸大漁旗@エコカフェ.JPG第五福竜丸船尾@エコカフェ.JPG今日から3月入り。気象庁発表によると先ほど7時32分に茨城県沖、深さ約60kmを震源とするマグニチュード5.4(推定)の地震がありました。東海村で震度5弱。東日本太平洋沖巨大地震の余震と見られています。プレートの移動に伴う地殻の変動は私たちの時間軸に比べるととんでもなくゆっくりと継続して進行しています。

第五福竜丸航海路@エコカフェ.JPG第五福竜丸展示館内@エコカフェ.JPG夢の島公園の一角に「第五福竜丸展示館」があるのを知っていますか。なんと東京都の運営です。ぜひ一度お出かけください。
時は1954年3月1日3時42分。マーシャル諸島近海域で遠洋マグロ漁船、第五福竜丸は操業中の出来事。被爆レベル表@エコカフェ.JPGそこはアメリカ軍がビキニ環礁で行った水爆実験の警戒水域の外、しかし、第五福竜丸は放射線降下物質(死の灰)を浴びることになった。船長の久保山愛吉さんは半年後に亡くなられた。被爆者は2万人を越えるとみられ、日本国内では強烈な反核運動が起こった。解決のための日米交渉の推移の紹介され、今日でも考えさせられることは多いと思います
私たちが訪問した2月11日は建国記念日でもありました。数組の親子連れや青年やロシア人の若い女性も見学をしていました。

戸外は日差しが戻り明るいですね地面には昨日降った雪がアイスバーンとなって残っていますが、日中は春の暖かな陽気になるようで残雪も消えてしまうでしょう。桜の蕾は確実に大きくなっています。東日本大震災で被災された多くの皆さまの心労が重く伝わります。今日は深く考えさせられる一日になりそうです。もう1年が経ちます。


関連記事(警戒区域の波紋は)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
考えさせられますね。
歴史に学ぶことは大切です。
人類に一番悪いことは嘘をつくことです。
歴史の中の嘘は恐ろしい結果をもたらします。
この悲惨な経験を無にしてはならないでしょう。
修学旅行でぜひ立ち寄って欲しいですね。
しかも歴史の本質を学んで欲しいです。
考えさせられますよ。
Posted by オオサンショウウオ at 2013年08月11日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54227255
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ