国士舘大学平石ゼミとのコラボ

船長からのお知らせ 2012年02月11日 09:11

平石ゼミ生の大学震災ボランティア実態調査発表@エコカフェ.JPG昨日は漸くのことで復興庁がスタートしました。エコカフェでは国士舘大学政経学部政治学科平石ゼミナールとのコラボレーションをしました。ゼミ生、OB、エコカフェメンバーが集い、「東日本大震災における大学の支援活動に関する実態調査の報告会を行いました。調査対象は関東圏の大学176校でプレゼン概要は次のとおりです。

・支援活動内容は被災学生への支援(99%)、募金活動(83%)、ボランティア派遣(52%)と間接的な支援が中心であった。支援地域は石巻市、気仙沼市、陸前高田市が多く、必要な情報不足のためTVなどの依存が高かった、などデータに基づく詳細なプレゼンがあった。
阿部さんこれからも@エコカフェ.JPG国士舘大学平石先生@エコカフェ.JPG調査で分かった問題点としては、@支援活動に学内での統一が図られない人的資源があっても有効に活かし切れなかった、A教育効果を認識しつつも組織体制や調整がうまく図られていなかった、B個々の教職員の専門性を活かした整合性や一体性が欠けていた、C大学間連携協定などの準備をしているケースは少なかった。
最後に、新たな大学像の構築の必要性として、@大学自体の社会貢献、A新たな大学評価軸、B現場性のある教育・行動する教育、学び合う教育への新たな学びスタイルの確立、などが報告されました

平石ゼミとの交流会@エコカフェ.JPG報告を受け、有意義に意見交換もできました。政府行政によるボランティア受入などに関する総合的な情報提供が不十分であったこと、特に福島第一原発事故による放射能漏れ対する恐怖・不安が広がったこと、などがボランティア派遣が阪神淡路大震災の時の半分程度にとどまっている原因であったと考えられます。

このようなきっかけから大学ゼミとも新たな社会実験ができたらよいなと思っています。


関連記事(湿生植物学習センター長との打合せ)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(4) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
最近の大学生は、という言葉をよく聞きますが。
平石ゼミの学生諸君は問題意識も高いし、闊達でした。
彼らにエコカフェの活動も期待していってもよいなと勝手に思ってしまいました。
Posted by トノサマガエル at 2012年02月12日 01:02
仲良きことは美しき哉ですね。
これからもご活躍ください!
Posted by 一番星 at 2012年02月18日 11:32
先日は貴重なお時間割いてこのような会に参加していただき本当にありがとうございました。

我々もとても有意義な時間を過ごすことが出来ました。
これからも末長くよろしくお願いします。
Posted by 平石ゼミ学生 at 2012年06月01日 16:45
ありがとうございます。
現役の学生とOBの方がたの輪にエコカフェのメンバーを加えてくださって感謝申し上げます。
新しい価値の創造は多くの語らいと深い智恵から生まれるに違いありません。
新しい日本の国づくりに挑戦していきましょう。
Posted by 事務局 at 2012年06月03日 00:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53751747
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ