シマシャリンバイ(島車輪梅)とシャリンバイ(車輪梅)

ビーグル号の航海日誌 2011年12月27日 10:54

シマシャリンバイ花@エコカフェ.JPGこの季節、小笠原諸島の島々ではシマシャリンバイの花が咲いているのを観察することができます。シマシャリンバイは乾性低木林に優占していることから「お正月の旅小笠原」に参加の皆様は必ず目にするでしょう。かつて小笠原固有種とされたこともあったが、生育環境により葉などの形態に変異が大きいことから南西諸島などシャリンバイと同一種と整理されています。[2010年1月1日撮影:中央山@阿部]

シマシャリンバイ花2とセイヨウミツバチ@エコカフェ.JPGシマシャリンバイ(島車輪梅、学名:Rhaphiolepis wrightiana Maxim.)はバラ目バラ科シャリンバイ属の常緑小高木。分布は本州から南西諸島、朝鮮半島に及び、小笠原諸島では海岸部から山頂の日当たりのよい場所に広く自生。
樹高は5m、風衝帯では1m前後、樹幹は下部でよく枝分かれし、葉は互生し、革質の肉厚で表面にクチクラ層があり光沢、裏面は褐色の網状脈が目立つ。葉身は5cmから10p、楕円形から長楕円形で、全縁だったり上部に鋸歯がついていたりします。
花期は12月から3月頃で、枝先に円錐花序をつけ、径約1.5pの白色の花弁の先が尖った5弁花を咲かせます。花は梅の花に似ていて芳香がします。果実は液果で径約10mm、11月頃に黒紫色に熟します。花と果実ともについていることも多いです

葉が厚いので別名「アツバシャリンバイ」とも、材が堅く島では「Ax handle」(斧の柄)が転訛し「アレキサンドル」と呼称されています。このように、小笠原では人びとに身近な樹木をしばしばユニークな名称で呼んでいます。写真に写っている蜂は外来種のセイヨウミツバチです。


関連記事(ムニンシャシャンボ(無人小小ん坊))⇒
関連記事(オオバナセンダングサの猛威は)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



◎小石川植物園内に植栽されているシャリンバイ[2008年4月12日撮影:第19回草花教室@阿部]080412マルバシャリンバイ@第19回草花教室(in小石川植物園) 023.jpg

 シャリンバイ(車輪梅)には変異が多く認められ、葉が幅広く卵形のものをマルバシャリンバイ、幅狭く長楕円形のものをタチシャリンバイと呼ぶこともあるという。




◎江ノ島で見たたくさんの果実を実らせたシャリンバイ[2012年11月17日撮影:第14回自然観察会@阿部]121117シャリンバイ果実@エコカフェ(江ノ島).JPG

 シャリンバイは海浜植物です。

 2012.11.21追記




◎父島の旭山南峰に続く尾根筋の乾性低木林を構成するシマシャリンバイの花[2012年1月1日撮影:お正月の旅小笠原2011年度@山崎]
120101シマシャリンバイ花2@エコカフェ.JPG120101シマシャリンバイ花@エコカフェ (2).JPG

 小笠原では山頂まで進出しています。

 2012.12.10追記



◎父島の長崎展望台近くの乾性低木林で見た花と果実の両方をつけるシマシャリンバイ[2012年1月1日撮影:お正月の旅小笠原2011年度@山崎]
120101シマシャリンバイ花と果実@エコカフェ .JPG120101シマシャリンバイ株@エコカフェ.JPG

 2012.12.11追記





◎父島旭山登山道入口からしばらく歩いた場所に自生するシマシャリンバイ[2008年6月23日撮影:地球温暖化最前線!小笠原エコツアー@虻川伸也]080619シマシャリンバイ@小笠原 345.jpg080619シマシャリンバイ2@エコカフェ小笠原 344.jpg

 土壌条件のよい林内では尾根筋の乾性矮木林内と違って樹高は高くなりますよ。

 2012.12.25追記





◎小笠原父島の中央山山頂付近の乾性矮低木林内で見た花内部が赤味を帯びたシマシャリンバイの花と長崎展望台で見た果実[2010年1月1日撮影:お正月の旅 小笠原2010年度@山崎]
100101シマシャリンバイ果実@エコカフェ.JPG100101シマシャリンバイ@エコカフェ.JPG

 2013.1.6追記





◎奄美大島の断崖上部の海岸道路脇の林縁でみたシャリンバイ[2013年4月12日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]130411シャリンバイ@エコカフェ奄美大島エコツアー_59_s.jpg

・モッコクモドキの変種、学名:Rhaphiolepis indica (L.) Lindl. ex Ker var. umbellata (Thunb.) H.Ohashi、ただし葉などに変異が大きく、厚いもの、丸いも、細いものなどがある。
・タンニンを多く含むため大島紬の染料として利用されます。 

 2013.5.26追記

◎八重山群島石垣島にある沖縄県内最高峰の於茂登岳(標高525.5m)山頂でみた花をつけるシャリンバイ[2014年3月14日撮影:石垣島@山崎]
140315シャリンバイ@エコカフェ.JPG140315シャリンバイ花@エコカフェ.JPG
 一株しか見当たりませんでした。

 2014.5.18追記

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52446734
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ