小さな親切から、一日一善

ビーグル号の航海日誌 2011年12月21日 08:33

IMGP0968.JPG明日は大一級の寒波がやってくるそうですよ。
昨夜は中野坂上駅で下車したあとにふらりと近くの白玉稲荷神社に寄りました。
ここの神社はお世話が行き届いておりいつも綺麗になっていますが、もとは宝仙寺境内内にあったものです。
ご祭神は稲荷神、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)で五穀豊穣、商売繁盛にご利益があるとされます。
総本社は京都の伏見稲荷大社ですよ。

神社前の歩道をひとりのご婦人が長い白い杖を頼りに歩かれていました。
どうも杖の先で何か探しているかのようです。
足取りがおぼつかず、しばらく足を止めてみると行ったり来たりと。
道行く人は結構いるのですが...
寒空、気にかかり近づいて「どうなさいましたか」と声をかけました。
ご婦人「この辺にマクドナルドがあるはずなんですが。どうも。」とポツリ。
そっと耳越しに「通り過ぎていますよ。よろしければご案内させていただきますね。」
少し戸惑いがちに「ええ、はい。」と。
隣のビルには下に降りる階段があり危ない。そっと10数歩、マクドナルドの入口先に誘導させていただい。「ドアを開けますよ。こちらです。」
ご婦人「ありがとうございます。」と小さな安堵の声。
心の中で「お腹すいていたのかな。気をつけて帰ってね。」と私。
駅から流れ、駅へ向かう人びとの流れ、歩道は何もなかったかのように人びとが行きかう。不法駐輪の自転車、危ないなと。


関連記事(宵の白玉稲荷神社)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
エコカフェらしい一面ですね。
なかなか気付けない人が多いのはどうしてでしょうか。
自分目線が多すぎるのでしょうね。
頑張ってください!!
Posted by オガサワラシジミ at 2011年12月21日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52190379
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ