三宅島にある円形劇場とは

⇒森林づくり+α 2011年12月07日 08:21

コシキの穴看板@エコカフェ.JPG11月26日、三宅島で実施した「第3回エコカフェみんなの森づくり」では、次回に向けた調査も行いました。そのひとつ、阿古地区にある自然が造形した円形劇場です。正式の名称は「コシキ(甑)の穴」といいます。

三宅島出身の旅職人村上さんに案内いただきました。
すり鉢状になっている「コシキの穴」は1643年(寛永20年)の噴火口の跡とのことです。
コシキの穴1@エコカフェ.JPGコシキの穴壁面@エコカフェ.JPG言われてみれば周囲は火口壁があり、底は埋土で平らになっているに過ぎません。
今は綺麗に整備されていますが数年前までは孟宗竹が占有し、古く一角には炭焼き小屋もあったそうです。
ここは子どもたちの遠足の場になっているそうです。
子どもたちの走り回る姿や大声で叫び合う姿が幻影として広がります。
天井がすっぽりと抜け、まるで円形劇場そのものです。

村上さんたち村の人びとのこの三宅島で生活しているお年寄りや子どもたちへの思いを実現できるよう、エコカフェとしても来年度の活動の中で活用方策の具体化を提案いたします。

関連記事(火山噴火による溶岩原を訪ねて)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51484641
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ