西祖谷村のかづら橋

ビーグル号の航海日誌 2011年10月27日 09:16

P1000771かづら橋@エコカフェ.JPG散策に最高の日和ですね。
四国の山奥、徳島県三好市西祖谷村にある「かづら橋」です。
迷子になりそうな吉野川上流の渓谷沿いを進むとありました。

サルナシ等の蔓植物を編みこみ、長さ45m・幅2m・高さ14mの橋にしています。
何度か架け替えられていますが、この橋自体は作られたのが、1928年(昭和3年)です。もう少しで1世紀ですよ。
重要有形民俗文化財になっています。
起源は、弘法大師が祖谷にいらっしゃったときに、橋がなくて不便な村人のために架けられたとか。
平家の落人がこの地に潜んだのですが、追手を切るために蔓植物で橋を作ったとか。

さて、料金を払い、一歩踏み出します。
とにかく、キシキシと音が聞こえ、揺れてます。
最初の3歩を進めば、後は怖いもの無しですよ!って。
その通り、暗示にかけられたのか、4歩目は怖くなかったです。
橋の中心にまで来ると、揺らしたくなるよ〜渡り始めの人にはゴメンなさい!

蔓植物は籠などにも使われ、万能なんですね。

関連記事(季節の山野植物を食卓に)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49410084
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ