赤城山の麓の産地直売所にて

ビーグル号の航海日誌 2011年09月11日 19:49

IMGP9915.JPG今日も昨日に続き、南から湿った暑い空気が流れ込み、蒸し暑い一日となりました。
子どもたちの自然体験プログラムの事前調査のための関越自動車道をひた走り、赤城自然園まで行ってきました。
空を見上げると間違いなく秋の雲が頭上に広がっていました。しかし、遠くを見ると入道雲も湧いていたりして、空が季節の移り変わりを演出してくれているのに思わず不思議な気持ちになりました。

IMGP9884.JPGさて、赤城山の南西側の麓(赤城IC近く)の直売所では地元でつくられた生産者の分かる朝取りした野菜を売っています。赤城自然園を訪ねる時には必ずといってよいほど立ち寄ります。今日は11時半と遅くなってしまったので、ピーマン、ナス、トマト、ネギ、ハクサイ、ミョウガ、モロヘイヤ、ナメコなどのキノコ類などすでに残りわずかになっていました。都会から車で高速道路を走り、大量に買い求めて行かれるお客さんもいるそうです。

カボチャ(南瓜)は煮たり、焼いたり、スープにしたり、美味しくいただくことができますよね。カボチャはいろんな種類があるそうです。

関連記事(冬至と柚子湯と南瓜と)⇒
関連記事(異常気象と夏野菜)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47862122
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ