宵闇に浮かぶ京都五山送り火

ビーグル号の航海日誌 2011年08月20日 12:00

大文字2@エコカフェ.jpg大文字1@エコカフェ.jpgこの夏のお盆はいつになく鎮魂の思いが強かったのではないでしょうか。[2011年8月16日撮影、京都五山送り火@大石・青柳]
16日、京都五山送り火も今を生きる人びとの心に先祖の霊とのつながりを深く思い起こさせたのではないでしょうか。
お盆に「迎え火」の導きで帰ってきた死者の魂をあの世に再び送るための「送り火」は先祖供養の原始宗教・古神道に起源があり、やがて仏教の盂蘭盆会と習合していったという。
110816舟形@エコカフェ.JPG110816妙法@エコカフェ.JPG宵闇に浮かぶ炎は奥山に死者の魂を導くにはちょうどいいようだ。

東日本大震災で旅立たれたあまたの御魂の安らかならんことを心からお祈りします。合掌。

関連記事(ウヤガン(先祖祭)は)⇒      関連記事(チノミシリ(我ら祭るところ))⇒ 

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47450309
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ