はいからうどんの食文化

ビーグル号の航海日誌 2011年08月13日 23:28

はいからうどん@エコカフェ.JPG関西では「はいからうどん」というと「たぬきうどん」のことです。
何だか雅なうどんの響きがしますね。

関西・中四国地方には、たぬきうどんは無く、
天かすはネギと同じくサービスのようなもので、元々入って出てきたり、七味の隣にザックリ置いてあります。
素うどんを注文して、自由に天かすを入れるシステムでもあります。
「天かす」いうからには、天麩羅を揚げるときの端っこと解釈していたのですが、
東京では天かすを作るために、わざわざ揚げているんですね〜というのが私の感想でした。
京都駅できつねうどんを注文し、天かすをかけて、きつねたぬきうどんにしてみました。
少しお徳のような〜
少し欲張ったような〜
少し怪しい味のような〜

はいからうどん=たぬきうどん(=素うどん)


コタより

関連記事(味噌煮込みうどんみゃ〜)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47355030
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ