山を為ること九仞、功を一簣に虧く

船長からのお知らせ 2011年08月13日 13:08

ギザ三大ピラミッド@エコカフェ.JPGお盆で帰省する人びとで新幹線も高速道路も混雑しているようですね。酷暑の折、水分補給をしっかり行い自らと周囲の健康に注意、配慮したいですね。

徒然草第百九段に「高名の木のぼり」のお話があります。ことわざとして引用されることもありますが、原典は中国『書経』にある故事「九仞(きゅうじん)、功を一簣(いっき)に虧(か)く」にあるようです。エコカフェ事務局に携わる人たちなら、みな心しています。

人は誰しも得手不得手があります。
エコカフェにはいろいろな分野のスペシャリストが集まっています。
それぞれの専門分野から課題に対して適切なアドバイスなどをいただいています。
ひとりでは決めない、皆で決めていく。
のんびりしていてもそのほうが皆が楽しく幸せなのです。
おれに任せろ、おれが一番よく知っている、と名の馳せた人がいたとしてもひとりに任せることはないでしょう。
なぜなら歴史的に人は得意とする分野で自信過剰のため、あるいは慢心ゆえ、最後の最後で失敗することが多いのです。
個別のことに心奪われ、全体が見えなくなることが多いようです。
こと、野心や邪心が奥の奥に見え隠れしていることに気をつけられたいですね。
全体の利益が一等ぞよ、です!


心しましょう!!!

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
よくわかります。
気づき大切です。
全体を考えましょう。
時間をかけましょう。
他人を思いやりましょう。
道が開けるでしょう。
Posted by メダカの学校 at 2011年08月15日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47348311
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ