芦生公開講座2日目

⇒シンポジウムetc 2011年07月23日 00:00

110722芦生公開講座 070.jpg
先日の台風の爪あとが残る森を散策する2日目。
参加者が長靴をはき、水量の多い川をバシャバシャと進むところもあった。
芦生の森は、固有種も多くあるが下草は鹿のえさとなり残っているのは、オオバアサガラやトリカブト、バイケイソウといった毒性の強い植物だ。
草がないため非常に歩きやすいのだが、自然の中では異様な光景だ。

また、アシュウスギという葉に触れても痛くないのが特徴の杉も多くみられる。
ゆっくりと解説を受け、時には質問しながら和やかに歩く森は贅沢に感じた。
110722芦生公開講座 132.jpg




関連記事(芦生公開講座開講!)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46948159
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ