ウナギの素顔

ビーグル号の航海日誌 2011年07月21日 20:00

RIMG5567.JPG本日は土用のウナギ!不思議な台風が過ぎ去り、夏戻り本番ですね。
ウナギの生態は今だに不思議がたくさんあるようです。

先日、ウナギの受精卵を150個採取をした!というニュースで見聞きしました。
とても珍しいお話とか。
グアムやフィリピン辺りの海洋で卵を産み、黒潮に乗って日本沿岸にと稚魚として流れて着き、
人の手によって夜な夜な海岸に出て網で稚魚をすくい、大きくなるまで育て、鰻屋さんで食べる。
江戸時代からずっとこの手法なんですって。
RIMG5569.JPGRIMG5570.JPGアナログですね(地デジは明後日まで)。
食べ方は東日本西日本で大きく違うのは、典型的な日本の食文化ですね。

浜松のウナギを食べに行きましたら、生簀(いけす)にウナギがいました。
ウナギの顔ってかわいいですね〜
ペットにしてもいいかもしれない!


コタより人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46936534
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ