南アルプス鳳凰三山の調査のご案内

⇒シンポジウムetc 2011年06月05日 18:20

鳳凰三山2@エコカフェ.jpg先日、会員の澤さんから提案があり急きょランチMTGを開催。澤さんはエコカフェ山の会のリーダーでもあり、日本百名山制覇も残すところ6名峰。残念ながら鬼怒沼調査には参加できない。エコカフェも関東周辺の低山を中心に自然観察会を開催することが多い。エコカフェのフィールド活動についてアドバイスと提案をいただき、南アルプスの赤石山脈支脈にある鳳凰三山を1泊2日で高山植物の植生などの調査に行くことにします。鳳凰三山、よい名前ですね。山の会と事務局との共同実施とさせていただきます。

鳳凰三山@エコカフェ.jpg日 時:2011年7月9日(土)・10日(日)
場 所:鳳凰三山(地蔵岳:2764m、観音岳:2840m、薬師岳:2780m)
宿 泊:山小屋(どこの小屋にするかは一行の足を見て決めます)
対 象:リーダー、写真担当、観察担当、行程管理・記録担当、食料・保健担当

地蔵岳の山頂部は地蔵仏(オベリスク)と呼ばれる巨大な花崗岩の尖塔があり、伝説の霊鳥、鳳凰の嘴に見立てられたことが山名の由来になっているという。古く風の神。平等院鳳凰堂が有名。鳳凰の宿り木の桐(本来は青桐)の花は日本の国章の紋章とされています。鳳凰三山は花崗岩の美しい山肌です。尾根の東側に遮るものがなく遥か甲府盆地を眺望することもできます。

関連記事(高麗川源流にキリの花を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(2) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
花崗岩の白砂のざら場で耐えるピンクのイワカガミの花は愛らしくとても美しいですね。
下界では決して体験できない高山の魅力を堪能することができそうですね。
山小屋泊ですから少し余裕をもって登山できそうでよろしいのではないでしょうか。
Posted by コマクサ at 2011年06月10日 04:50
メンバーがそろいました。
天空のお花畑はどんなでしょう。
標高差が1700mありますので気をつけて下りたいと思います。
Posted by 事務局 at 2011年06月10日 17:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45742726
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ