鬼怒沼・鬼怒川源流の調査のご案内

⇒シンポジウムetc 2011年05月29日 13:17

モウセンゴケ花 (2).JPG南西諸島を暴風域に巻き込みながら屋久島付近を北上する台風2号は、明日から明後日にかけて九州、四国、本州の南岸を通過する見込みという。
気づけば台風の季節。土砂災害や高潮などを気にする季節でもあります。自然にも人にとっても恵みの雨も暴風雨ともなると事情は異なるということだろうか。
さて、エコカフェでは森が生き生きとエネルギーに溢れるこの季節に今年度初めてのフィールド調査を実施します。夫婦淵温泉から渓流沿いの遊歩道を歩き、八丁の湯、加仁湯、日光沢温泉、整備された登山道に入り、シノ滝、オロオソロシ滝にマイナスイオンを浴び、高層湿原が広がる鬼怒沼に至ります。写真はモウセンゴケの花。まだ咲いていないかな。

日 程:2011年6月25日(土)〜26日(日)
場 所:鬼怒川本流源流域と鬼怒沼
宿 泊:加仁湯温泉
参加者:リーダー、写真担当、観察担当、行程管理・記録担当、食料・保健担当

事務局を中心に会員有志で調査隊を組みます。自然観察会の実施に向けよい報告ができるようにただいま事前の準備中です。

関連記事(地方の中にも可愛らしい紅葉が)⇒    関連記事(日本最南の高層湿原は)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(4) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
天気に恵まれるとよいですね。
鬼怒沼からは燧ケ岳など尾瀬を取り囲む山塊も眺望できるのではないですか。
渓流沿いのトレッキングはマイナスイオンが豊富でリフレッシュできるし、
湿原の観察も新たな気づきがあって楽しいと思います。
Posted by てるてる坊主 at 2011年06月02日 04:39
メンバーがそろいました。
天候だけが気になります。
渓流沿いの新緑と高層湿原の遅い春を堪能してきたいと思います。
Posted by 事務局 at 2011年06月10日 17:00
台風の影響で雨が心配され、渓流沿いの散策を断念し、延期することにしました。
参加予定の皆さまにはご心配をお掛けしました。
時期を改めてご案内申し上げます。
Posted by 事務局 at 2011年06月27日 08:05
本件調査は、2012年7月7日、8日に実施しました。
Posted by トノサマガエル at 2014年10月20日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45577889
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ