黒部の雪解けはこれから

ビーグル号の航海日誌 2011年05月18日 18:18

IMGP9734立山.JPG2年前でしょうか?5月下旬に黒部アルペンルートに行きました。
この時期の観光のメッカは何といっても20mを越える「雪の壁」です。今年でちょうど40年目なんですって。

長野県大町から水力発電によるトローリーバスに乗り、黒部ダムへ。
黒部ダム放水は6月26日〜10月15日、新緑の夏〜紅葉の秋。
今の時期は行われていないのですね。
IMGP9791室堂.JPG
ケーブルカーで黒部平へ。ロープウェイで大観峰へ。
立山トンネルを抜けると室堂へ(富山県・標高2450m)。
ホテル立山にあるバスターミナルから雪の壁は始まり、弥陀ケ原まで続きます。
高地にあるので、霧は雲を呈します。
飛行機雲は鉛筆で描いたようでうすね。
雲はとても近く感じます。
IMGP9798室堂.JPG天体観測もしました。
流れ星はたくさん見えるし、人工衛星も肉眼で見え、野口さんが乗っているシャトルも見えました。

360度に広がる大空をキャンパスにでっかい夢を描いてみたいですね。

コタより

関連記事(立山雷鳥エコツアー報告書)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45270156
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ