できることをひとつひとつin志津川

ビーグル号の航海日誌 2011年05月08日 22:08

IMGP0005.JPG連休後半(5月4日から6日)にエコカフェ有志による南三陸町志津川でのボランティア活動はできることをひとつひとつやるということにつきました。澤さん、井原さん、田辺さんの3つのグループがそれぞれ現地入りました。阿部さんの指示確認をしながら、各自が作業分担し、息の合った取組みができました。

@ 巨大津波を絶えて破壊されず残った倉庫の清掃
A 海水に浸かったもののうち必要なものと不要なものの仕分け
IMGP0006.JPGB 水洗いが必要なものはひとつひとつていねいに手洗い
C ものによって日影干し又は天日干し
D 乾いたら新聞紙等に包んで箱への梱包
E 梱包した品物が分かるように箱上部・側面に内容物を明記
F 梱包した箱を整理棚にかたずけ
G 不要なものうち許可を得て燃やせるものを焼却処分

田辺さんらはJSBN編集のため志津川高校の生徒への取材もしました。エコカフェとしても東北地方における活動を継続することで、被災地の復興を切に願っている人びとの気持ちをしっかり支えていきたいと思う。

by ボランティア
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45006159
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ