神の鹿に

ビーグル号の航海日誌 2011年04月20日 00:07

RIMG5672.JPG東大寺・興福寺・春日大社のある奈良公園に行くと鹿がたくさんいますね。
約1200頭いるそうですが、野生なんですよ。
古くは、春日大社の武甕槌命(たけのみかづちのみこと)が常陸国の鹿島神社から白い鹿に乗っていらっしゃったのがきっかけとか。
以来、鹿は神の使いとして手厚く保護されています。

公園内には「鹿せんべい」を売る出店がたくさんありますよ。
RIMG5727.JPGちょうど鹿せんべいの束は、財布やコンパクトカメラの大きさと同じく、鹿はカラーで認識できないせいか?つられて寄ってきます。
丁寧にお辞儀をしてから、鼻を利かせて、せんべいか?否か?確認をしているようです。
神の鹿は丁寧ですね〜


コタより
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44448699
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ