桃の節句に古の人びとの思いを

ビーグル号の航海日誌 2011年03月03日 09:03

IMGP4406.JPG今日は桃の節句です。関東ではぐーんと寒の戻りで寒い一日となりそうです。
ひな祭りの起源は中国の上巳の節句。日本には奈良・平安時代に入ってきて、貴族から室町時代には公家に、江戸時代に庶民に普及するにそれまでの流し雛から飾り雛と変化していったようです。

茨城県旧真壁町(現桜川市)では2月4日から今日まで街中の旧民家に飾り雛を一般に公開しています。郷土料理のすいとんも美味しいですが、地域の方がたのおもてなしが素晴らしいですよ。IMGP4408.JPG真鍋町は、平成17年に岩瀬町、真壁町、大和村が合併し、桜川市が誕生し、今日に至ります。古く真壁氏が城を構える城下町であって、現在でも市街地には古い街並みがよく残っており、104棟が文化庁登録有形文化財に指定されています。

謡曲「桜川」も有名ですね。お花見の季節はもうそこまで来ているのですが....。

関連記事(今も昔も人びとの思いは)⇒     関連記事(江戸はお花見日和)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
今日は耳の日でもありますよ。
Posted by カタクリ at 2011年03月03日 09:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43658910
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ