関八州見晴台に到着

ビーグル号の航海日誌 2011年02月06日 11:10

IMGP0149.JPGスギ二次林の山を高度をかせぎながらずんずんと登っていく。
林床は草がなくスギ花粉が表土を覆っているような気がした。
登山道脇の岩場や林床にはシダの仲間がまばらに自生していたので、写真を撮りながら観察をした。成果は後ほど報告したい。
尾根筋にはモミの大木や幼木がよく残っているし、クヌギやシロダモなどが、谷筋にはモミジやホウノキなどもあった。
10時50分、2時間弱で目指す関八州見晴台に到着した。
雲の多い空であったため富士山はともかく浅間山、谷川岳など遠景の山はまったく見えない。
ここは高山不動尊奥の院が鎮座している場所でもある。

関連記事(登り始めて気づいたこと)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43272404
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ