網走港に流氷接岸

ビーグル号の航海日誌 2011年01月31日 20:51

網走港流氷@エコカフェ.JPG今シーズンの流氷接岸は例年より3日早く、1月29日でした。
気象庁の1946年以来の観測データのよると、
一番早かったのは2001年1月8日。
一番遅かったのは1991年2月21日。
稚内・網走・釧路の気象庁観測所で目視確認しています。

流氷は、ロシアのアムール川河口付近でできたプランクトン入りの氷が流れてくることです。
クリオネもその一つです。
ロシアもいいものを無料で輸出してくれますね。
これからもヨロシク!

コタより
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43119868
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ