きそ船内での講演T

⇒エコツアー 2010年12月31日 12:30

R0010004.JPG30日に東京晴海ふ頭を出港した潟iショナルランドさんの『お正月小笠原の旅』において、エコカフェとしては「小笠原諸島の固有な生態系」と題して1回目の船内講演をしました。講演の趣旨は小笠原諸島父島に上陸するにあたって、小笠原諸島の自然について基礎的なレクチャーをしようというものです。30日15時35分から16時45分までの予定でしたが前のイベントがずれたためやや遅れての開始となりました。山崎さんもスライドを用いて、分りやすい言葉で、ゆっくりと説明されていました。

1 小笠原諸島の地勢的な特徴(遠い、小さい、海洋島)
2 個性的な生き物たち(樹木、花、哺乳類、鳥、爬虫類、魚類、甲殻類、昆虫、貝類)
R0010007.JPG3 小笠原の生態系の特徴(低い多様性、高い固有性)
4 脅かされる生態系の現状と対応(豊富な外来種の存在)

講演後の質疑応答では、会場からは、世界自然遺産登録に関することから硫黄島の自衛隊に関することまでのことまで幅広い質問が出され、丁寧に回答していました。アンケートを実施しましたが、初めて乗船したお客様も多く、少しはお役に立てたようです。パチパチ!

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42369057
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ