ノハラアザミ(野原薊)

ビーグル号の航海日誌 2010年12月10日 09:57

101209_1539~02.jpg101209_1601~01.jpg平塚市吉沢地区のゆるぎ散策路沿いの畦でアザミの花が咲いていました。
周囲には段々畑があり、白菜、葱、ブロッコリーが栽培されています。
里芋を栽培している畑ではイノシシ避け用のネットがぐるりと囲んでいるものもありました。

ノハラアザミ(野原薊、学名:Cirsium oligophyllum Matsu.)はキク科アザミ属の多年草。分布は本州中部以北で山地の乾いた草原や林縁に自生。花は秋に咲き、茎の上部で枝分かれし、筒状花のみの頭花は直立する。春に花のをつけるノアザミと瓜二つですよ。こちらは総苞片には粘性がないのが特徴です。

関連記事(キセルアザミ)⇒



◎赤城自然内の林縁で花を咲かせるノハラアザミ[2011年9月11日撮影:赤城自然園視察@阿部]110911ノハラアザミ2@エコカフェ.JPG110911ノハラアザミ3@エコカフェ.JPG

 2013.8.1追記






◎赤城自然園内の林縁や草原でよく見られるノハラアザミ[2010年9月26日撮影:赤城自然園視察@阿部]100926ノハラアザミ@赤城自然園.JPG100926ノハラアザミの花@赤城自然園.JPG

 花期はノアザミ(野薊)より少し遅い8月から10月です。

 2013.8.3追記



◎茨城県日立市の田んぼで稲刈り体験をした時に畦道脇で見たノハラアザミ[2009年10月12日撮影:稲刈り&ふれあいサッカーin日立@阿部]091012ノハラアザミ@エコカフェ.JPG

 花期は8月から10月頃、この時期でも根生葉は残るのが特徴という。

 2013.10.27追記



◎松戸市21世紀森と広場の林縁で見たノハラアザミ[2011年11月13日撮影:第48回草花教室@阿部]
111113ノハラアザミ看板@エコカフェ.JPG111113ノハラアザミ@エコカフェ.JPG
 2014.8.16追記






◎南アルプス北端に位置する入笠山(標高1955m)の北東山麓にある入笠湿原上部斜面地でみたノハラアザミ[2014年9月13日撮影:入笠山事前調査@山崎]
140913ノハラアザミ花序@エコカフェ.JPG140913ノハラアザミ@エコカフェ.JPG
 2014.10.4追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42036123
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ