ジビエを斬る

ビーグル号の航海日誌 2010年12月07日 23:59

101207_2102~01_0001.jpgヨーロッパには野生動物を食べる食文化がある。
中世の貴族はワイン造りのためのぶどう畑と広大な森、日本的な里山があった。
そこは狩猟の場でもあり、カモ、キジバト、ヤマドリ、ウサギ、イノシシ、シカ、コブウシなどがたくさん棲息していた。
秋が深まる頃のジビエは体が温まり、豊富なビタミンを摂取できるので風邪の予防には最適なのである。
人びとは長い時間の中で生きる知恵を自然の恵みから紡いできたのであろう。

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42008106
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ