リュウキュウアサギマダラに魅せられて

⇒エコツアー 2010年10月24日 13:21

IMG_0554.JPG宮古島池間島では多くの蝶を観察した。オオゴマダラの優雅な舞姿にうっとりしたが、リュウキュウアサギマダラの華麗な舞姿にも見せられた。

リュウキュウアサギマダラ(琉球浅葱斑、学名:Ideopsis similis)は、チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ属に属する南方系のチョウ。渡りをするアサギマダラ(アサギマダラ属)とは別属であって、渡りはせず、日本では南西諸島、海外では台湾、中国南部、ミャンマー、マレーシア、インド、スリランカに棲息する。幼虫はアルカロイドを含むガガイモ科の植物を食べるため、完全変態後の成虫にも体内にこの毒性があり、外敵から身を守っている。

宮古島をはじめ南西諸島を訪問したらチョウの観察をするのも楽しいですよ!

関連記事(幸福のアサギマダラ)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41468304
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ