田んぼの生き物L

⇒こどもたちと 2010年10月05日 13:30

080921ュ 025.jpg茨城県石岡市にある田んぼ、実は合鴨を使って稲を育てているのである。アマガエル、アカガエルの仲間のほかに「ツチガエル」も棲んでいる。最初はアズマヒキガエルの小さな成体かと思ったがそうではない。

ツチガエル(土蛙、学名:Rana rugosa)は、両生綱無尾目アカガエル科アカガエル属に分類。分布は北海道西南部から九州とその周辺の島(南西諸島、対馬を除く。)で、平地から低山の水田、浅い沼、湿地などに棲息。朝鮮半島、中国東北部、ロシア沿海州南部、ハワイにも分布しているそうだ。特徴は学名の意味する皺の多いカエルのごとく体表に沢山のイボがある。イボガエルとも呼ぶ。幼生で越冬するものもあるが休耕田や冬季に水を抜く乾田の広がりで、数を減らしてきているとされ、IUCNレッドリストでは経度懸念に指定。

触るとくさい臭いをだすらしいがこの時は感じませんでした!何ともラッキーだったということでしょうか。

関連記事(田んぼの生き物K)⇒     関連記事(ヒキガエル成長記)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41155406
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ