富士山五合目のダケカンバ

⇒自然観察会 2010年07月21日 06:58

IMGP8328.JPG富士山の河口湖(スバルライン)五合目から泉ヶ滝まで平坦な道を進みます。その後は樹林帯の中を登坂し、森林限界を抜けていくと六合目で吉田ルートに合流します。

この樹林帯上部に広がるダケカンバ林を観察すると、どれも同じような根曲がりしているのに気づく。というのもこの辺は降雪があり雪圧のために幼樹のことから谷側に押し出されてしまうのである。IMGP8330.JPGしかし、太陽を求めて直立しようとするため、どれも根曲がりしてしまうのである。この生命力の凄さに気づいて欲しいですね。

富士山特有の強風が吹くことから背丈も高くなれないのがさらに面白いですよ。7月末に公開講座が予定されている芦生の森では、日本海側に特有の豪雪による根曲がりしたアシュウスギというのが見ることができます。とにかく逞しい!!

関連記事(富士山登山を終えて)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39737376
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ