芦生渓谷沿いのタニウツギ

ビーグル号の航海日誌 2010年07月20日 18:20

IMGP7985.JPG芦生の森を奥山から下ると渓谷沿いにタニウツギのピンク色の花が咲いていた。
タニウツギ(谷空木、学名:Weigela hortensis)はスイカズラ科タニウツギ属の落葉低木で日本の固有種。北海道西部から中部地方の日本海側から背梁山地の谷沿いなどに自生。

開花時期が田植えの頃と重なるので「田植え花」とも「早乙女花」とも呼ぶらしい。明るい日差しを受けて緑の中とても目立つ花ですよ。

@第5回エコの寺子屋in芦生の森
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎奥鬼怒温泉郷の日光澤温泉近くのコンクリート壁の隙間に生えるタニウツギ[2012年7月8日撮影:鬼怒沼湿原視察@山崎]120708タニウツギ2@エコカフェ.JPG120708タニウツギ@エコカフェ.JPG

 2012.7.8追記





◎北アルプス白馬三山の前衝山にあたる小日向山(標高1907m)の登山道脇の林縁でみた花をつけるタニウツギ[2013年7月6日撮影:第16回自然観察会@阿部]
130706タニウツギ@エコカフェ.JPG130706タニウツギ花@エコカフェ.JPG

 2014.2.2追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39729346
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ