大自然が見せる刹那の美

⇒エコツアー 2010年05月20日 07:14

CIMG0081.JPG小笠原父島の最高峰中央山(319m)に登った。
低い山にもかかわらずこの季節は雲霧が発生することが多いそうだ。
頂上から二見港を眺めていると白の世界を割って浅い雲霧からわずかに日差しが差し絶景を作った。
左側には振分山を越え須崎のくびれの向こうに野羊山の陰が遠く現れている。
周囲は深い白の世界が広がるがわずかに広がる海面の波間に反射光がキラキラとして不思議に美しい。

大自然が刹那に贈る絶景美はどうしようもない。こんな滅多に遭遇できないチャンスに巡る会うことができるのもエコカフェが企画するエコツアーならではと思う。あなたも自然の不思議に入り込んでみませんか。

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
海水温度と大気温度の差が起こりやすいこの時期は低い山でも雲霧が沸き立ちやすいんですよね。
自然現象って面白いですよね。
Posted by トビウオ at 2010年05月23日 07:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38318299
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ